So-net無料ブログ作成

XPサポート4月9日で終了でオンラインゲームのリスクは大丈夫? [IT]



ウィンドウズのVISTAの関係で
本来なら10年間で終了していたはずのサポートが
12年半続いていた
OS/ウィンドウズXP。

そのサポートも2014年4月9日で終了となります。
サポートが終了すると
今後新しくXP上で発見されていなかった
セキュリティー上の穴があったとしても修正されません。


ただ多くのセキュリティーソフトメーカーが出している
XP用のセキュリティーソフトのサポートは あと1~2年はサポートの継続をしてくれるようです


OSの変更が間に合っていない企業や個人は
ネットの接続は切っておいて
今後1年以内にはOSを変更しないとダメでしょうね。
(本当はそれでもまずいと思います。)


セキュリティーソフトはあくまでも門番の役ですよね。
ドアや窓のかぎが壊れていたら
門番の目を盗まれた時にすんなりと家の中に
入り込まれてしまいますよね。

現実の社会ではそんな奇妙な防犯、
リスク管理はしないですよね。

空き巣は堂々と名乗りながら侵入してきませんから
新しく見つけたXPの穴を悪意あるハッカー、
いわゆるクラッカーが皆さんに公表しながら
犯行に及ぶとは思えません。

セキュリティー意識が薄いオンラインゲーマーがいたりしたら
格好の餌食ですよね。
オンラインゲームのリスクはかなり高いと思います。

そこからゲーム上でかかわりがある方に
スパムメールなり
コンピュータウィルスなり
ばら撒くことになるんじゃないかなぁ?

サポートが終了するのは何年も前からわかっているのですから
しかもその告知もしているのですから
XP使用ではオンラインゲームは出来なくなるように
ゲーム会社も切り替えていかないといかんのでは?

何か事があってからでは遅いよね。





スポンサーリンク




タグ:XP
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。